CAITO GAME INCEPTION

ゲーム、アニメ、映画、漫画についてオススメ作品の紹介や、独自の魅力をツラツラと。

【雑談】ゲームの思い出① 『ゲームボーイ(GB)』編

スポンサーリンク

 

どうも! 魁堵(かいと)です!

  

今回は趣向を変えて、ゲームの思い出話」を少ししたいと思います。

 

 私は幼少期の頃に初めて買ってもらったのがゲームボーイ(GB)であり、周りの友人達はスーパーファミコンSFCで盛り上がっていました。悔しい。

 

f:id:caito5963:20190917165318j:plain

© Nintendo

 

 当時は単3乾電池4本という最強バッテリーなハズなのに消耗が激しく、いざ無くなると子供なのでお金がないので、家で使い切った大量の電池入れ(缶ケースみたいなんに大量に入っている)からまだ生き延びている志願兵を探し出して復活させて遊んでました。(今では完全にご法度の多種メーカー電池〇合、当時は曖昧でした。)

 更には画面がモノクロのゲームボーイは夜では全く使い物にならないので、明るさを求めて居間にいくと時間を忘れてプレイしてしまい…両親にドヤされるというオプションが最高にスリルでした。

 

 色々とくそぉ…と思いながら両親に与えられた運命のソフト(絶対父親のパチンコの景品でしたが)を5本を与えられました。

※当時はこのソフトを中心に結構な年齢になるまで遊ぶことになるとは思わなかった。

 

 

与えられた運命のゲームボーイソフト5本

スーパーマリオランド (1989年)

スーパーマリオランド

スーパーマリオランド

 

子どもながら遊び尽くし、唯一クリアできたゲーム。

 マリオの ”ファイア" が "ボール" だったのですが、子どもの時はまったく理解できずに「コインが取れるファイアボールなんだ」と認識していました。さらには何故に助けるお姫様がデイジー(説明書を読んで名前を知る。)なのか理解できずにピーチ姫の色違いだと勝手に認識していました。3面辺りの水中ステージが無駄に楽しい。

※大人になってプレイした時は超絶面白いマリオランド

 

星のカービィ(1992年)

星のカービィ

星のカービィ

 

 これを手に入れた時は友人の家でファミリーコンピューター版の「星のカービィ 夢の泉の物語」をプレイしていたので、カービィのコピー能力があるとウキウキしていたのですが…見事に期待を裏切る結果で、何回も敵を吸い込んでは十字キー↓で飲み込むだけ、吐き出して、星攻撃の2択で、「絶対、どこかでコピーできるはずっ!」と活き込んだままクリアした記憶があります。

※大人になってプレイした時にあの有名な桜井政博さんが生みの親と知った時は悶絶しました。

  

ゼルダの伝説 夢をみる島(1993年)

ゼルダの伝説 夢をみる島

ゼルダの伝説 夢をみる島

 

  今でもプレイしているゲームボーイでは最高方のソフトであり、当時としては細かい謎解きが難しかった記憶。

 当時は初めの方の森でゲットできる、「キノコ」が何かしら効果があるのだろうと「これで敵を倒してやるぞ! "あたりにいい匂いがじゅうまんした"」…。

ふざけんなっ!キノコでなぐらせろぉ!

と子ども心で思いながら、わらしべ交換でもらう魔法の粉の材料だったというオチ。

(この粉で変な狸親父に振りかける)

 アイテムがどろぼーできるという情報を友人に聞いてからは、永遠に盗んでいたのが懐かしい…なんて子どもだったんだろう…釣りとか楽しかったです。

 

 ↓好き過ぎて記事を書いてしまったぐらいです。

www.caitogame-inception.work

 

ボンバーボーイ (1990年)

ボンバーボーイ

ボンバーボーイ

 

 自分の中での「ボンバーマン」はこの「ボンバーボーイ」です。正直に言うと名前が違うだけのボンバーマンです。ええ、ブロックとバクダンで敵を挟んで爆発させます。なんか、子どもの頃って爆発させて敵を倒すたびにゲラゲラ笑いまくってたと覚えているんですが、何が面白かったんだろうか…。今思うとゾッとするぞ…。

 

SDガンダムコマンド G-ARMS オペレーションガンダム

 f:id:caito5963:20190917165639j:plain

  覚えている限りではかなりのクソ〇ーだった気がする…が、他のゲームが若干飽きてきた時のスパイスとしてやっていたのですが、システムが当時は理解できなかった。 アクションゲームでしたので、敵を殴り倒して、補給缶で回復、敵が中々倒せない…補給缶で回復…敵が固すぎて中々倒せない…という無限ループに陥り、そっとソフトを切った思い出。補正をかけても、楽しい記憶がなかった。

凄く、モビルスーツのリアル描写は興奮した。初代ガンダム大好き。

 

ゲームボーイ(GB)は今でも青春

 この運命の5本をスーパーファミコンを買うまで与えられて、入れ替わり立ち代わりでプレイしてきたのですが、1996年にポケットモンスターが発売された時は衝撃で、1997年にはメダロット、1998年にはドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドと名ソフトが数々とリリースされました…!

この後はゲームボーイカラーに続いていくのですが、

それはまたの機会に、思い出話②として話せたらなと思います! 

 

ではでは!

幼少期の思い出話をする魁堵(かいと)でしたー!