CAITO GAME INCEPTION

ゲーム、アニメ、映画、漫画についてオススメ作品の「紹介」や、独自の「魅力」をツラツラと。

【ゲーム】とにかく『ゴースト・トリック』が面白いから皆プレイしようよ。

スポンサーリンク

 

どうも! 魁堵(かいと)です!

 

今回はあまり聞いたことが無いかも知れませんが、

「ゴースト・トリック」というゲームをご紹介したいと思います。 

 

 カプコンで有名なミステリーゲーム逆転裁判シリーズは皆さんご存じかと思いますが、そのゲームデザイナーである「巧 舟(たくみしゅう)」さんがディレクターを務めるアドベンチャーミステリー作品です。

 

 「逆転裁判1~3」、「蘇る逆転」でシナリオ、ディレクターを担当をして大ヒットを飛ばした後、何を思ったが「逆転裁判4」で主人公を変更をし、シナリオやゲームシステムが大幅に変更をし、一新して当時では過去の逆転裁判シリーズよりも歴代ナンバーワンの売り上げを記録をした…がファンからはシナリオの伏線が回収されずに終わったり、よくわからない矛盾点の説明が二転三転して賛否評論を生んでしまいました。

※今となってはあれはあれでありだったなというファン心が当時は凄まじかった。

 

 その後に、巧氏がディレクターとして関わった作品がこのゲームになりますが「逆転裁判4」の次というコトで懸念していた方も多かったのも事実。

 

さぁ、死んで生き還るミステリーを体験しようか。

 

 

『ゴースト・トリック』とは?

f:id:caito5963:20191003105447j:plain

(C)CAPCOM Co., Ltd. 2010 All rights reserved.

 

 『ゴーストトリック (Ghost Trick) 』は、2010年にカプコンから発売されたNDS用専用ゲームソフトであり、ディレクターは逆転裁判で有名な巧舟氏が担当している。

 iOS版(Android版は現在は配信停止)が、2012年にリリースされてから「2話」まで無料でプレイすることができます。 

ゴースト トリック

ゴースト トリック

 

 

 

 

『ゴースト・トリック』ストーリー 


NDS『ゴースト トリック』プロモーションムービー

 何かしらの事件に巻き込まれた主人公(ゴースト)が "命とともに生前の記憶を失い”、その正体を探求するアドベンチャーミステリー。

 

『ゴースト・トリック』キャラクター

『シセル(Sissel)』(主人公)

f:id:caito5963:20191003125424p:plain

(C)CAPCOM Co., Ltd. 2010 2012 All rights reserved.

主人公であり、死者という扱い。

 何故に死んてしまったのが不明のまま生前の記憶を全て失う変わりに、死者の世界で特殊能力である「死者のチカラ」というのを授かる。見た目はあきらかにマフィア。

 

『リンネ(Lynne)』(ヒロイン)

f:id:caito5963:20191003125450p:plain

(C)CAPCOM Co., Ltd. 2010 2012 All rights reserved.

ここまで死ぬヒロインはいるのだろうかと疑問が沸くほどのヒロイン。

 主人公の亡骸を見つけた第一発見者であり、刑事。事件を独自に追っている間にトラブルに巻き込まれる。シセルが助けにいこうとする前に必ず死んでいる、そして4分前に戻す。12回ぐらいある気がする。

 

『クネリ(Kuneri)』(スタンド)

f:id:caito5963:20191003125512j:plain

(C)CAPCOM Co., Ltd. 2010 2012 All rights reserved.

 主人公に特殊能力「死者のチカラ」を教えた電気スタンド。

正体は不明であり、ゴミ捨て場から出て来る。使い捨て。 うるさい。

 

『ゴースト・トリック』の面白い魅力は?

一晩だけの “死んで始まる一夜ミステリー"という題材

f:id:caito5963:20191003115050j:plain

(C)CAPCOM Co., Ltd. 2010 2012 All rights reserved.

  初動から女性らしき人物が "殺し屋" に狙われているとことからスタートするのですが、それを目撃している主人公(シセル)は何故か見ているだけで助けられない…何故なら既に死んでいるという驚き展開から幕があがります。

 謎の声に惹きつけられた、主人公は自分自身がが死者の世界にいるということを聞かされ、その際にいくつかの特殊能力が宿ったことを知らされます。

 その「特殊能力」を使い "殺し屋" に狙われている女性を助けようとするが、あえなく失敗し殺されてしまいます。

 再び絶望に陥った瞬間にあきらかに怪しいデスクライトが動き声が聞こえます。デスクライト自身は「クネリ」と言い、主人公に助言をします。

「死者が死んてから4分前に戻ることのできる能力」があることを教えてもらいます。

 4分前に戻り、能力の使い方を教わった主人公は見知らぬ女性の「死の運命を逆転」させる事に成功します。

 さらに、クネリの助言は続き「死者の魂が現世に留まれるのは夜明けまで」と宣告され、タイムリミットである一夜限りの真相の旅にでます。

 

 

4分前に戻る【トリツク】&【アヤツル】

f:id:caito5963:20191003115340j:plain

(C)CAPCOM Co., Ltd. 2010 2012 All rights reserved.

主人公が使える“死者のチカラ(特殊能力)”は主に3つに分類され、

「トリツク」、「アヤツル」、「モドル(4分前に)」を駆使します。

 基本的に死ぬ瞬間を邪魔をし生き伸ばす(なんか某アニメのRe:ゼロみたいだな)為に死んでしまった人に「トリツク」ことで、「モドル(死ぬ4分前)」へ戻れるというチート能力です。

 戻った世界で再び「トリツク」、さらにはモノを「アヤツル」を駆使して運命を逆転させる異議あり!!)というシステムになります。

 一見モノを操り、簡単に殺し屋から妨害したら良いのではないかと思うと詰んでしまうのがこのゲームの面白さであり魅力です。

 操れるモノの動きに合わせて(トビラ、標識、ベッドなど)操作しないと簡単に殺されてしまい最初に戻されます。それに合わせての2Dタッチの画面に、巧舟氏がお届けする逆転裁判からのコミカエルな反応が場を楽しまさせてくれるのも面白いところ。

 

f:id:caito5963:20191003122809j:plain

(C)CAPCOM Co., Ltd. 2010 2012 All rights reserved.

  現実と同じでタイム制限があるので、"死の運命"を変えるドキドキ感が味わえるのが良いです。簡単にゲームオーバーになるのも今作の魅力です。なんてこった。

 

 

現在はiOS版(iPhone)が一番プレーしやすい。

 現在はiOS版でしか配信はされておりませんが、「2話」まで本編をフルで遊べますので気軽に逆転裁判みたいな雰囲気のコミカルなゲームを楽しめます。

↓以下詳細金額

金額
第1章 - 第2章 無料
第3章 - 第7章 600円
第8章 - 第13章 600円
第14章 - 最終章 600円
第3章 - 最終章 1500円

 

無料でも十分に世界観を味わえる巧舟氏ワールドを堪能するのはいかがでしょうか。

 

ではでは!

隠れた名作好きな魁堵(かいと)でしたー!

※早く逆転裁判7と大逆転裁判3が発売されないかな。