CAITO GAME INCEPTION

ゲーム、アニメ、映画、漫画についてオススメ作品の「紹介」や、独自の「魅力」をツラツラと。

【ゲーム】DS『アナザーコード 2つの記憶』は簡単謎解きアドベンチャーでサクッとこなせる…!

スポンサーリンク

 

どうも! 魁堵(かいと)です!

 

 

 謎解きミステリーと言えば、『逆転裁判』や『レイトン教授』さらには『探偵 神宮寺三郎』などが有名ではありますが、ここでは隠れたサクッと謎解きアドベンチャ―、

アナザーコード 2つの記憶をご紹介したいと思います。

 

 主人公である少女「アシュレイ」が亡くなったと思っていた父親を、あるキッカケで "生きているのでは?" と思い、孤島へ探しにいく謎解きアドベンチャーです。

 

 DSを使った簡単タッチパネル操作から、父親を探すための謎を解きながら電子パッドでノベルを読んでいるかの様なゲーム。

 

さぁ、簡単謎解きはじめましょうか。

 

 

アナザーコード 2つの記憶』とは?

f:id:caito5963:20191028170901j:plain

©2005 Nintend / CING

 

 2005年にCINGが開発をし、任天堂からNDSで発売された謎解きアドベンチャー※後に続編として、Wiiで『アナザーコード: R 記憶の扉』が発売されている。 

アナザーコード:R 記憶の扉 - Wii

アナザーコード:R 記憶の扉 - Wii

 

  

アナザーコード 2つの記憶』概要

www.nintendo.co.jp

  主人公である少女「アシュレイ」が、父親の「リチャード」にふとしたことをキッカケで会いに行く為に孤島に向かい、島の謎に挑む。

 ストーリーが進むにつれて、11年前の父親の事件の謎や、科学者であった「リチャード」と母親の「サヨコ」が行っていた研究の謎などが徐々に解明されてゆくみたいなお話。 

アナザーコード 2つの記憶

アナザーコード 2つの記憶

 

 

 『アナザーコード 2つの記憶』ストーリー


【ゲームPV】 Nintendo DS アナザーコード 2つの記憶 2005年

 もうすぐ14歳の誕生日を迎える少女「アシュレイ」のもとに、いきなり1通の手紙と "DAS" と書かれた小型の機械が手元に届く。

 それらは、死んだと聞かされてた父親「リチャード」からのものであった。「アシュレイ」は、その手紙に導かれるがまま、父親がいるとされる(通称:血塗られたエドワード家)孤島「ブラッド・エドワード島」に向かい探すことにする。

※誕生年は1991年という固定ではあるが、誕生日はDS本体に登録してある個人データを元に反映される仕組み。

 

アナザーコード 2つの記憶』の魅力は?

開発CINGがお届けする謎解きアドベンチャー

f:id:caito5963:20191028174556j:plain

©2005 Nintend / CING

 DSが出て間もない作品であり、当時のアクションだらけの界隈にメスを差し込んだのがこの謎解きアドベンチャーです。

 主人公の「アシュレイ」が "父親が生きているかも知れない" ということを知り、孤島に足を運んで島内や屋敷を探索して謎を解きながら真実に迫っていくというワクワク展開が最高に上がります。

 少しづつ謎が解明されていくのでプレイヤーは「続きが気になる」という感覚に襲わせるのは、さすがと感じました。物語としては、こじんまりとはしているが狭い空間の中での世界観や、少しひねった謎解きなど飽きさせない工夫がポイントです。

 

謎解きの箇所が決して多いとは思いませんが、純粋に楽しい。

f:id:caito5963:20191028172002j:plain

©2005 Nintend / CING

 DS初期の頃で流行っていた2画面を巧みに使い、孤島の中で起きる様々な謎解きを解いていくのがメインであり肝です。特に「アシュレイ」が持っている、"DAS"がまんまDSですので、世界感に入り浸ってプレーできるのも良い点です。

 簡単なタッチペンを使っての直観での謎解きも多く、ただ単調に十字キーで操作する謎解きよりはかなり楽しく感じるハズです。

 わかりにくい箇所は頭を捻らせながら解く、さらにわかりにくい箇所に関しては何度も同じ場所に足を踏み入れて解く。DAS、いやDSならではの仕掛けが匠な魅力を引き出しています。

 

サクッとこなせるボリューム内容。

f:id:caito5963:20191028172521j:plain

©2005 Nintend / CING

 発売当初でクリアした人は「ボリューム」が少ないと言われましたが、言いかたを変えれば『サクッとこなせる謎解きアドベンチャー』としてはとても楽しめる作品です。

 大体が1日でクリア可能であり、ノンストップでも6時間強ぐらいでクリアできるサクッと感。だけども、ストーリーは秀逸であり、少ないボリュームを補ってのグラフィックや爽快な音楽は十分堪能できるのがポイントです。

 

最後に。

 今では2画面を上手い事活用しながらタッチパネル(下画面)を操作するゲームは少なくなりましたが、当時の初期DSソフトとしては斬新であり、面白いアドベンチャーゲームでした。 そのタッチ感覚のゲームが少なくなり、さらにアドベンチャータイプとして一線を気づいたゲーム。

 

ご興味のある方は是非、プレイしてみてください。

 

ではでは!

たまにはやんわり紹介する魁堵(かいと)でしたー!