CAITO GAME INCEPTION

ゲーム、アニメ、映画、漫画についてオススメ作品の「紹介」や、独自の「魅力」をツラツラと。

【映画】サイバーテロにアナログで!ウィリス映画『ダイ・ハード4.0』について【レビュー:★★★★】

スポンサーリンク

 

どうも! 魁堵(かいと)です! 

 

今回はウィリス映画レビューの第三弾、

『ダイハード4.0』

 

2007年に公開された出世作ダイ・ハード』シリーズの4作品目であり、

 あるテロリストが不正ネットワークにアクセスをしてハッキング、アメリカの政府機関などの侵入コードを入手しライフラインを全て掌握した事件に、偶然(もはや必然)にも巻き込まれる主人公"マクレーン"が立ちむかうドタバタアクション作品。 

 このシリーズは「無印」から「3」までがフューチャーされがちなのですが、この「4.0」も中々の良作だと思っておりますので、観た感想を簡単にレビューとして綴っていきたいと思います。

※この4作品目だけ「4.0」という標記は、サイバーテロが題材であるためにタイトルにも関連性があります。

 

 

映画『ダイ・ハード4.0』について

f:id:caito5963:20191128124123p:plain

 

原題 LIVE FREE OR DIE HARD
製作 2007年
時間 129分
ジャンル ドタバタサイバーアクション
監督 レン・ワイズマン
出演 ブルース・ウィリス
ジャスティン・ロング
ティモシー・オリファント
マギー・Q

  

 

映画『ダイ・ハード4.0』あらすじ


ダイハード4.0 (Die Hard 4)

 とある「アメリカ独立記念日」の前夜、ワシントンD.CでFBI本部に存在する、全米全てのインフラ監視システムが突如ハッキングされてしまう。  FBI副局長はこの事態に絶句をし、犯人を特定する為にアメリカ全土のハッカーたちを一斉に保護せよと命令。

 場面は変わり、NY警察のジョン・マクレーンブルース・ウィリス)はハッカーである "マシュー・ファレル" という人物を連行中であったが見知らず敵に襲撃されゴタゴタ展開になる。事件を辿ると、全米各地のハッカーが次々に襲われて、24時間以内に全員殺害されていたのだ。 それは、最新のネットシステムを使うサイバーテロリストに、完全なアナログでしか生きられないマクレーンがキレながら、オタク小僧の力を借りて反撃の狼煙を挙げるお話。

 

映画『ダイ・ハード4.0』感想レビュー

映画作品について

 出世作ダイ・ハード』シリーズの4作品目であり『ダイ・ハード3(1995年)』から12年後(2007年)ということで不安視もされましたが、

見事に覆したブルース・ウィリスドタバタアクション作品です

 毎度、事件に巻き込まれるマクレーン役を「ブルース・ウィリス」が年齢を感じさせながら見事に演じきる不死身アクション。愚痴ぐち言いながら捜査します。

 共演には、パッとしない相棒役で「ジャスティン・ロング」、そして『ヒットマン』だけ当たり役がある「ティモシー・オリファント」が敵役で好演しています。「マギー・Q」に関しては、この頃からプチブレイクしています。   

映画を鑑賞した感想

f:id:caito5963:20191128160329j:plain

(C)2007 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

 【レビュー:★★★★】 

当時は「ダイ・ハード3」の続編として "嬉しい!"

素直な気持ちながらも "大丈夫なんだろうか?" と疑問視をしていた作品でした。

 

ですが、最強の不死身であるブルース・ウィリスが全てを覆してくれました。前作に引けを取らないどころか上回るぐらい…凄く面白いの一言。

 

 内容はサイバーテロに巻き込まれたウィリスがハッキング小僧とドタバタ解決するというありきたりな設定なのですが、ジョン・マクレーン × 製作費 × CGマックス × ノリと勢い で映画は成り立つのだと教えてくれます。

 

 コンピューターを使った頭脳戦みたいなのは置いておいて…アクション(でのウィリスを推していきたいの)で面白かったところを簡単に抜粋。

 

f:id:caito5963:20191128160614j:plain

(C)2007 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

 

 冒頭のゴタゴタからのカーチェイスでヘリに必要以上に追いかけられるウィリス、そこで「ヘリを墜落させてやる!」で取った行動は、車をそのままぶつけるというとんでも展開。なんだこの映画、最高ですか。

 

f:id:caito5963:20191128161444j:plain

(C)2007 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

 

 さらには「足癖が悪い女だな」とマギー・Qに吐き捨てるウィリスが女性でも容赦なくボコボコに闘う攻防戦が、CG今までなんだったのかと思わせるぐらいに迫力が凄いです。特にカンフースタイルで戦うマギー・Qに対して、勢いで倒しにかかるウィリス、そして愚痴ぐち言いながら「このネズミめ!」と吐き捨てながらも苦戦。この時に50代を超えており、絶対筋トレなんてしていないウィリスの必死なアクション振りは本当に凄い。特にマギーQに敗けるのが嫌だから髪の毛を掴み引きちぎる勢いで回しながら投げるのはこの映画ぐらいです。

そして、なんとなく勢いで勝つあたりがダイ・ハードらしさでした。感無量。

※ラストのティモシー・オリファントのありえないやられ方には普通に笑ってしまったので観ていない方は是非お楽しみに。

 

ダイ・ハード4.0 (吹替版)

ダイ・ハード4.0 (吹替版)

 

  

最後に。

 予告編を見る限りでも満足いくようなアクションシーンの連続(カーチェイスや派手な交差点激突、マギーQアクション)でお腹いっぱいになりそうな感じではありますが頭を空っぽにして、サイバーテロジョン・マクレーンが挑むポップコーンムービーとしては最高の出来だと思います。

 ハッキング小僧のジャスティン・ロングの今時の若者の立ち振る舞いから、アナログ行動のウィリス、そして冴えないラスボスのティモシー・オリファント、そして頑張っても敗けるマギー・Qなど見どころだらけ。

 製作費が上がってからの最新のカメラワークから映像技術が詰まったダイ・ハードでした。

 

まだまだ、ウィリスには頑張ってもらいたい。

続編のラスト・デイは無かったことで大丈夫。

  

ではでは!

ウィリスが大好きな魁堵(かいと)でしたー!