CAITO GAME INCEPTION

ゲーム、アニメ、映画、漫画についてオススメ作品の「紹介」や、独自の「魅力」をツラツラと。

設定は2010年!クローンシュワ映画『シックス・デイ』について【映画レビュー:★★★★】

スポンサーリンク

 

どうも! 魁堵(かいと)です! 

 

今回はシュワ映画レビューの第二弾、

シックス・デイ

 

2000年に公開されたシュワクローン大パニックSFサスペンスであり、

 この世界の2010年ではクローン人間を作り出すことが可能である近未来でヘリパイロット役のシュワちゃんが自宅に帰ると、違う自分が家族と過ごしているもう一人の自分がいて意味不明ながらも事件の概要を掴んでいきます。

 2000年代一発目の作品であり、この作品以降に都知事になりしばらく映画出演はなかった(個人的駄作『コラテラル・ダメージ」』は観なかったことにします。)作品です。

※これ以降は2013年『ラストスタンド』まではカメオ出演ばかりで控えめなシュワちゃん

 

そんな、SFシュワ映画を再び鑑賞しましたので簡単にレビューしたいと思います!

 

さぁ、シュワとシュワでシュワになろうか。

 

 

映画『シックス・デイ』について 

f:id:caito5963:20191215123618p:plain

 

原題 THE 6TH DAY
製作 2000年
時間 123分
ジャンル SFサスペンス
監督 ロジャー・スポティスウッド
出演 アーノルド・シュワルツェネッガー
トニー・ゴールドウィン
ロバート・デュヴァル
マイケル・ルーカー

  

 

映画『シックス・デイ』あらすじ


The 6th Day trailer (japanese)

時は2010年の近未来。

この世界では生命科学の進歩は凄まじいものであり、容易に "クローン人間" を作り出すことが可能であった。だが、実際にはその危険性から国での法律で禁じられた行為になり、神による人類創造である「6d法」により守られていた。

※「6d法」人間は人間(クローン)を作り出してはいけない。

主人公であるチャーター・ヘリでパイロットの「アダム・ギブソンアーノルド・シュワルツェネッガー)」は自宅に帰ると、そこにはもうひとりの自分がおり、あきらかにクローンだった。

 そして目の前の光景に驚いていると、謎の集団に襲撃されてしまい。それは、とんでもない陰謀が隠されていたってお話。

 

映画『シックス・デイ』感想レビュー

映画作品について

 完全に巻き込まれてしまったパイロット役を熱演しているのが、あきらかに強そうな 「アーノルド・シュワルツェネッガー」です。

 周辺を固めている脇役は『ラスト・サムライ』でいまいちパットしないバグリー大佐を演じている「トニー・ゴールドウィン」、そして『ディープ・インパクト』の「ロバート・デュヴァル」、さらには敵役でお馴染み「マイケル・ルーカー」というキャスティングが完全に趣味の様に感じます。ちなみにこの作品は女っ気ゼロです。

 

映画を鑑賞した感想

f:id:caito5963:20191215135043j:plain

(C) 2000 Phoenix Pictures Inc. All Rights Reserved.

 

 【レビュー:★★★★☆】 

 二人のシュワちゃんが黒幕を退治するまでに家族の為に戦うという、ダブルシュワが観れる見応えがたくさんあるのがシックス・デイです。 

SF舞台の作品が多数あるシュワちゃん映画の中では普通に面白い作品。

 

f:id:caito5963:20191215141557j:plain

(C) 2000 Phoenix Pictures Inc. All Rights Reserved.

 

  マイケル・ドラッカー(トニー・ゴールドウィン)という政財界での大物を仕事で送っていたことを皮切りにDNAを採取され、それがきっかけでクローンが作られてしまい、陰謀に巻き込まれます。

そして、ゴタゴタの内に自分の家族がドラッカーに連れ去られてしまい。二人のシュワちゃん「俺が本物だ!」「いや!!俺が本物だ!」と喧嘩しながらも協力して、会社ごと潰すってのが筋です。

 

f:id:caito5963:20191215142443p:plain

(C) 2000 Phoenix Pictures Inc. All Rights Reserved.

 この世界ではタイムリーに記憶を維持しながら、簡単にそのクローンが作れる世界となっており、シュワちゃんを襲撃してきたブラピ擬きが返り討ちに合い、首をへし折られ舌を出しているシーンはかなり必見です。(ここはコメディ要素だったのかな?)

そこでマイケル・ルーカーがブラピ擬き(亡くなっている)の垂れてくる舌を何度も元に戻して「大丈夫だ!気を失っているだけだ!」は思わず突っ込んでしまいます。そして、すぐ復活するというループ。なんだこれ。

※画像がブラピ擬きことロドニー・ローランド。他の作品を知らない。

 

f:id:caito5963:20191215143501p:plain

(C) 2000 Phoenix Pictures Inc. All Rights Reserved.

 

 アクションも満載であり、カーアクション、さらにはヘリアクション、そしてクローンだらけの水槽を泳ぐシュワちゃん、そしてあきらかに弱い敵など魅力がたくさん詰め込まれています。さらには 色々な人間描写も必見であり、ウィアー博士(デュヴァル)の妻でありクローンとして生き返ったが否定的な考えの持ち主だったり、お金の為に反対している人を納得させるドラッカーの演説、そしてシュワちゃんことアダムのクローン人間に対する思いなど、それぞれの言い分が現代社会ともリンクしている気がします。

 

シックス・デイ [Blu-ray]

シックス・デイ [Blu-ray]

 

  

あわせて読みたい

 

www.caitogame-inception.work

 

www.caitogame-inception.work

 

最後に。

 シュワちゃん主演の奇妙なSF映画シックス・デイ」の感想レビューをお届けしました!※実はこの映画の公開日も12月16日という冬映画なのも特徴です。

 シュワちゃん×シュワちゃんという「ラストアクションヒーロー」とはまた違うシュワちゃん同士の共演を楽しむことができ、興味のある方は是非流し見程度で楽しんでいただきたいです。

 

ではでは!

シュワ映画好き魁堵(かいと)でしたー!