CAITO GAME INCEPTION

ゲーム、アニメ、映画、漫画についてオススメ作品の「紹介」や、独自の「魅力」をツラツラと。

【アニメ】何とも言えない『イヴの時間 劇場版』が世知辛くて好きだから魅力を紹介してみます。

スポンサーリンク

 

どうも! 魁堵(かいと)です!

 

今回は独特なアニメーションで異彩を放つ「吉浦康裕」監督作品、

イヴの時間 劇場版」

 

 このアニメは「ロボット」が現実世界で実用化されており、人間型ロボット=通称:アンドロイドが実用化されている時代のお話という近未来チックなアニメになります。

 

人間とアンドロイドの世知辛い思いが交錯しながら、色々な人間模様を感じ取れる作品であり、現実に起こりうる物事を美しい映像とミックスされて、とても考えさせられます。

 

そんな「イヴの時間」について、

魅力をふまえてご紹介できたらなと思います。

 

さぁ、近未来を肌で感じようか。

 

 

イヴの時間 劇場版』とは?

f:id:caito5963:20191115150314j:plain

© 2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

 

 2008年の8月にGYAO!とニコニコ動画からインターネット上で公開され、

各話とも約15分で全6話で構成されています。

 その2年後、2010年3月6日に全6話を再編集し、

「イブの時間 劇場版」として映画が公開された作品です。

 演出、原作、脚本、そして監督は『吉浦康裕』氏が全て担当をしていることでも有名です。吉浦監督の独特なアニメーションの、回り込みアングルからの画面上部などで推移する文字や、3DCGを前面に推しだした作品でもあります。

 

「イヴの時間 劇場版」 [Blu-ray]

「イヴの時間 劇場版」 [Blu-ray]

 

  

イヴの時間』ストーリー


映画『イヴの時間』予告編

  「ロボット=アンドロイド」が当たり前の様にさまざまな分野で活躍しており、人間とアンドロイドの区別が付かない程に社会の中に溶け込んでいる近未来のお話。

 一般家庭に普及する家事用アンドロイドの「ハウスロイド」が人間と全く差がないアンドロイド(頭上にリングがついている)にメンタル依存する人々が着実に増え始めており社会問題にもなっていました。

 主人公であり、高校生の「向坂リクオ」は自宅にいるハウスロイドである女性型アンドロイド「サミィ」の行動を記録しており、彼女の中にあるログに違和感を感じていた

 リクオは真相を探る為にGPSの記録を追い、その場所に辿りついた所は喫茶店「イブの時間」であった。

 

そこは「人間もロボットも区別しない」というルールが存在しているのだった。

 

「未来、たぶん日本。“ロボット”が実用化されて久しく、“人間型ロボット”(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。」

出典元:イヴの時間 | スタジオリッカ

 

※ちなみにアンドロイドに精神依存する人を「ドリ系」と作中では呼ばれています。

 

イヴの時間 劇場版

イヴの時間 劇場版

 

  

イヴの時間 劇場版』主要登場人物

「向坂リクオ(CV. 福山潤

f:id:caito5963:20191115151144p:plain

© 2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

  

本作の主人公の高校生。

両親に姉、そしてハウスロイドとしての「サミィ」と一緒に生活をしています。「サミィ」を家にある "家電" として普通に扱っていたのでしたが、喫茶店イヴの時間』に訪れてからは考えを改めようとします。

 

「サミィ」(CV:田中理恵

f:id:caito5963:20191115151206p:plain

© 2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

 

主人公の家にいるアンドロイドであり「ハウスロイド」。

主人公の家では従順に家事をこなすのだが、喫茶店である「イヴの時間」の中では感情があるような表情を見せています。

 

イヴの時間 劇場版』が世知辛くて好きな魅力とは?

「人間」と「アンドロイド」の見分けが付かない喫茶店『イブの時間』

f:id:caito5963:20191115151402p:plain

© 2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

 

 作中でアンドロイドには頭上にリングがついているのですが、主人公のリクオが訪れることになる喫茶店イヴの時間」では、"人間とロボットを区別しない" というルールが存在するために、アンドロイド自身もリング表示をしていないという見ている物を困惑させる仕掛けが何とも上手く表現されています。

 この喫茶店の中での「人間」と「アンドロイド」が平等に扱われる関係性が、観ている側も、さらには作中の主人公達も困惑し、さらにはアンドロイド自身への思いの交錯が色々とミックスされて "どうなってしまうんだろうか" という思いを駆り立てられます。 

 リクオは、ある女性との会話がきっかけになり「姿かたちは似ているが、私たち(アンドロイド)は全然違う。だけども、違うからこそわかってあげたい。愛する家族(人間)だからわかってあげたい。」という言葉をきっかけに、本当にアンドロイドにも感情があるんだと感じとれます。

 

f:id:caito5963:20191115151542j:plain

© 2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

 

 この現実世界でも起こりうる、差別や、はたまた偏見の世の中を喫茶店の中だけでも理想の世界を築いている、そして相手が誰であろうと、自分(相手)にとってどんな存在なのかを問いかけられます。

 そんな分け隔てない世の中での在り方を、考えさせられ、世知辛い感情に、好き、愛と言う言葉に胸が締め付けられます。

 

最後に。

  テイストは近未来のSFというジャンルなのですが、このアニメ特有の静けさと、ゆっくりと流れる時間、そして切ない気持ちになりながらも感動させられる作品です。

 全体的に凄くまとまりが良いので、久しく何とも言えない気持ちになっていない方は是非ご鑑賞してはいかがでしょうか。

※現在はAmazonプライムやレンタルで鑑賞することができます。 

 

 

現実世界でもありえるかもしれない、そしてありえないかもしれない。

そんな世界を一度は体験してみるのもありかもしれません。

 

ではでは!

吉浦監督推しの魁堵(かいと)でしたー!