CAITO GAME INCEPTION

ゲーム、アニメ、映画、漫画についてオススメ作品の「紹介」や、独自の「魅力」をツラツラと。

派生マリオ!初代GB『ワリオランド』は至高のアクションゲームだった…!【魅力紹介】

スポンサーリンク

 

f:id:caito5963:20200203111442p:plain

 

どうも! 魁堵(かいと)です!

 

 今回はゲームボーイ(GB)全盛期の時に流行ったワリオが主人公のデビュー作、

スーパーマリオランド3 ワリオランド

 スーパーマリオランドシリーズとして長らくマリオが主人公でしたがスーパーマリオランド2 6つの金貨」でボスとして初登場し、そして次回作のスーパーマリオランド3 ワリオランド」で主人公として華々しくデビューしました!

後にワリオが主人公の作品が続々と作られ、一つのパッケージとして完成した彼。

そんな初期作のワリオランドが中々に良作なのでご紹介させていただきます!

  

さぁ、ニンニク体当たりにハマろうか。

 

 

スーパーマリオランド3 ワリオランド』とは? 

f:id:caito5963:20190708101819j:plain

(C) 1993 Nintendo

 

任天堂から発売されたGBソフト「マリオシランド」シリーズの派生作品です。

※CMでは「オレだよ!ワリオだよ!」大塚周夫さんボイスが印象的。

 前作の『スーパーマリオランド2 6つの金貨』でマリオのボス役として登場していたのですが、まさかのワリオが主役になったことでも有名です。

 前作、前前作の『スーパーマリオランド』シリーズとは少しテイストは変わっており、基本的には横スクロールアクションゲームです。1ステージ毎をクリアしたらラストステージにいるボスを倒し、次のワールドに進めるというルーティーンです。

 ゲーム中で集めたコインはひたすら貯めていき、最終面クリア時のコイン数クリア毎にゲットしたお宝によってエンディングが変わるマルチエンディングシステムというマリオシリーズでは珍しい作品でもあります。 

 

 

スーパーマリオランド3 ワリオランド』ストーリー


スーパーマリオランド3 ワリオランド プレイ映像

 前作である『スーパーマリオランド2 6つの金貨』で「マリオ城」を奪い取ることに失敗したワリオ

 その思いが断ち切れず「やっぱり!自分の城欲しいぞ!」と思いワリオは自分の城を手に入れる方法を模索していた。そんな時に海賊が『巨大な黄金像』を盗み出したという噂を聞きつけ、さらにはその『巨大な黄金像』をマリオが取り返そうとしているという情報をキャッチする。

 ワリオはマリオよりも先に海賊から黄金像を横取りして、その黄金像で自分の「城」を建てる計画を立てる。そして海賊のいる島へ乗り込むぞってお話。

 

スーパーマリオランド3 ワリオランド』簡単ゲームシステム

「アクションアタックポイント」

f:id:caito5963:20190708160322j:plain

(C) 1993 Nintendo

 

ワリオ」はマリオと全く違う攻撃方法であり、「踏みつけ」と「ショルダータックル」の二つを主に使います。

「ショルダータックル」という今までにないアクションスタイルで敵を吹っ飛ばしたり、ブロックを破壊しながらステージを進んでいくパワフルさを見せつ豪快に突き進むのが魅力です。

 「踏みつけ」により、敵を投げることもでき「10コインアイテム」というコインで投げて敵を倒すこともできます。

また、マリオシリーズお馴染みのパワーアップアイテムがワリオ仕様として登場しています。

 

「パワーアップワリオ(アイテム)」

f:id:caito5963:20200202171436j:plain

(C) 1993 Nintendo

 

  1. ブルワリオ(ブルの壷)・・・通常時のワリオより格段にパワ-が上がる。超強力タックルの威。ヒップドロップができる。
  2. ジェットワリオ(ジェットの壺)・・・ジェットが切れるまで猛スピ-ドで空を飛ぶことができる。一番使い勝手が良い。
  3. ドラゴンワリオ(ドラゴンの壺)・・・頭のドラゴン帽子で目の前の敵を火炎噴射で焼き払える。結構使える。
  4. ちびワリオワリオがダメージを喰らう)・・・すぐにニンニクの壺を取って元の大きさに戻ろう。弱すぎる。

 敵にぶつかってもワリオはダメージをくらいません。ですがステージギミック(トゲや炎など)や襲ってくる敵が装備してる「トゲ」「武器」で触れるとダメージを負うのが特徴です。

 

スーパーマリオランド3 ワリオランド』の最大の魅力は?

ワリオ」シリーズの基盤を作ったのが最高に良い!

f:id:caito5963:20190708160457j:plain

(C) 1993 Nintendo

 

 タイトルにマリオがついていますがエンディングで黄金像を奪って逃げる所しか出番がありません。なので、完全に「ワリオ」がメインというのが勝負に出てます。※後にシリーズ化していったのは一定の人気を獲得したのだと思います!

 謎解きも多彩でありショルダータックルと10コインを巧みに利用しながらゲームを進めるというのがプレイヤーを飽きさせず、さらにはアクションの豪快さが華を添えます!

 

当時は珍しい「マルチエンディングシステム」 !

f:id:caito5963:20190708160643j:plain

(C) 1993 Nintendo

 

 ゲーム中に集めた「コイン」の枚数と「お宝」で、

6パターンのエンディングが見れるという仕様です!

エンディングではランプの精霊にお金を渡して城を建ててもらえるようにお願いするのですが「とり小屋」から「ワリオ惑星」まで幅広いエンディングが見れます。

「次は絶対に凄いのを建てる!」と、

意気込んで「コイン」集めと「お宝」集めに集中してしまうのが特徴です!

※どこでミスったのかわからないのも愛嬌。

 

ランク 願いを叶えるためのコイン数
S ワリオ惑星 99999コイン+宝15個
A ワリオの城 90000 - 99999コイン
B ワリオの砦 70000 - 89999コイン
C ワリオハウス 40000 - 69999コイン
D ワリオの木 10000 - 39999コイン
E とり小屋 0 - 9999コイン

 ※実はこのゲームで初めて「ヒップドロップ」という攻撃方法が出てから後々のマリオゲームではあたりまえになったのはココだけの話。

 

最後に。

f:id:caito5963:20190708160919j:plain

(C) 1993 Nintendo

 

初心者でも無理やり(通称ごり推し)クリアできる難易度のゲームであり、

なによりも「ワリオ」の豪快さが楽しいゲームです! 

さらっとプレイしたい方は、是非是非3DSでご体験を…! 

ではででは!

懐ゲー紹介の魁堵(かいと)でしたー!